2024.07.24 宴会  イベント

食の饗宴2024 -いわて晩餐-

食の饗宴2024 -いわて晩餐-

今回のイベントでは「IWATEの魅力再発見」をテーマに、産地や生産過程の異なる食材を、調理法による味の違いや食べ比べなどで味わえるコース料理をご提供いたします。
また当日はシェフによる料理説明のほか、生産者様にもお越しいただき、普段は別々の場所で活躍する食のプロたちが、それぞれの食材や料理にかける想い聞きながらお料理をお愉しみいただけます。
生産者からシェフへ、そしてお客様へと続く「食」のストーリーをぜひご体感ください。

開催内容

開催日 2024年7月24日(水)
時 間 18:00受付/18:30開宴
場 所 ホテルメトロポリタン盛岡ニューウイング 4階メトロポリタンホール
料 金 お一人様 15,000円(和洋中着席料理・お飲物・サービス料・消費税込)
ご予約・お問い合わせ ※6月3日(月)よりご予約を承ります。
ホテルメトロポリタン盛岡 マーケティング部
TEL 019-629-2601(受付時間 10:00~18:00) 
またはページ内の「オンライン申込」ボタンより必要事項を記入の上、お申込みください。
席数に限りがございますので、満席となり次第締め切りとさせていただきます。

メニュー

■ とうもろこしのムース/海老真丈の湯葉包み揚げ/クラゲとセロリの和え物
■ 盛岡産サーモンの土佐酢漬け/宮古産サーモンのスモーク ロール仕立て 柑橘風味/八幡平サーモンの霜降り 胡麻味噌ソース
■ 石黒農場ほろほろ鳥のフリカッセ 古代米と共に
■ 三陸産白身魚の飾り蒸し
■ 前沢牛とジャージー牛ロース肉のステーキ ディアブルソース 岩泉わさびと天然塩を添えて
■ 手毬寿司(どんこの肝味噌のせ、帆立雲丹)
  澄まし汁(鮎並とあわびの葛打ち仕立て)
■ 豊洋卵のクレームブリュレ ブルーベリーのソルベ
■ コーヒー

※メニュー内容は、仕入れ状況により変更となる場合がございます。


生産者様のご紹介

〈 株式会社 重次郎 中屋敷ファーム/中屋敷 敏晃様 〉
2004年、雫石町で和牛繁殖牛を1頭飼いはじめたことから始まり、繁殖・育成・牧草販売を平行して行いながら規模を拡げ、現在は多くの繁殖牛・育成牛・肥育牛を飼養。
2015年頃ジャージー牛の美味しさに触れたことをきっかけに、一戸町の三谷牧場様とタッグを組み、ジャージー牛の飼養を開始。その優れた肉質とジャージー牛への理解を広く伝えようと努め、今では多くのファンが付いている。また、地域資源を活かした飼料で牛を育て、ジャージー牛や交雑種など市場で価値が付きづらい品種の可能性を見い出すなど様々な取り組みにも果敢に挑戦。
2021年には、いわて産学連携推進協議会による「リエゾン+Ⅰ研究開発事業化育成資金」を贈呈され、無農薬でエサとなる栄養価の高い牧草を育てる実証実験も進めている。
お客様との信頼関係や細やかな配慮を大切に、「地域の循環における畜産酪農業の意味や、持続可能で後世に残すための産業でありたい」という思いのもと日々命と向き合い、チャレンジを続けています。

  • 中屋敷ファーム公式HPはこちらから

  • 東北農研との共同研究團場。無農薬でエサとなる栄養価の高い牧草を育てる実証実験が進められている。

日本では珍しいジャージー牛だけの放牧酪農牧場である一戸町の牧場で育つジャージー牛。乳量は決して多くありませんが、とっても味わい深い牛乳を出してくれます。今回のイベントのデザートでは、その希少な牛乳を使用いたします。


〈 有限会社 石黒農場/石黒 幸一郎様 〉
日本で唯一のほろほろ鳥専用農家である石黒農場。
元々は熱帯地方で生息しているため、寒さに弱く臆病で神経質なほろほろ鳥。日本ではとても飼育の難しいほろほろ鳥を、温泉地でもある花巻市の広大な敷地を活かし、湧き出る温泉を利用し飼育しています。
また石黒農場では、ほろほろ鳥を飼育するため、独自で餌となるお米の生産も行い、鳥に食べさせて飼育する、といった美味しいだけでなく安心して食べられる循環型農業を取り入れています。食鳥の女王とも言われ、とてもジューシーでコクがある柔らかな肉質のほろほろ鳥。鳥たちへの愛情や優しさが、最高級の味わいを生み出しています。

  • 石黒農場公式HPはこちらから

食でつながるいわての輪

お料理の美味しさや美しさだけではなく、食材に向き合い生産されている方々の気持ちをお料理にのせてお客さまに届けたい。わたし達はそんな想いから、イベントを通して作る人と食べる人をつなぎ、知って、食べて、ご体感いただく空間と時間をお届けいたします。

Facebook X Pinterest Line