2021.08.21 ニュース

SL銀河公式グッズ 「SL銀河 ガラスペン」の取り扱いを開始いたします。

SL銀河公式グッズ「SL銀河 ガラスペン」の取り扱いを開始いたします。

SL銀河が約1年ぶりに運転を再開

約 1 年ぶりに運転を再開するSL銀河は、JR花巻駅~釜石駅間を走る蒸気機関車で、釜石線沿線を舞台に描かれた宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」を代表的なテーマとしてプロデュースされており、宮澤賢治の世界観と東北の文化・自然を感じることのできる列車です。今年初回の運転となる 8月21日、22日は「SL 銀河東北DC結び号」として運行。8月21日運転の往路は盛岡駅始発で運転を行い、普段は回送となる盛岡~花巻間もご乗車いただけます。蒸気機関車の力強い走りとともに、東北の文化や自然をお楽しみください。

SL銀河の世界観を表現するのは岩手県北上市のガラス作家

SL銀河の世界観を表現したガラスペンは、岩手県北上市 Seed Lampworkのガラス作家 平野 元気 氏によって1本ずつ手作業で作られました。
消防士からガラス作家に転じ15年のキャリアを持つ平野氏。ガラス工芸の中でも「ランプワーク」という主に卓上バーナーでガラスを溶かす技法で装飾品・器・オブジェなどを製作。バーナーによって水飴のようにガラス素材を変化させながら、ガスや酸素の調整により生み出される色や模様はまさしく1点もの。

Seed Lampwork(岩手県北上市) 平野 元気 氏

1981年 岩手県北上市生まれ
2006年 ガラス工房てくてく 所属 (北海道小樽市)
    小樽ADVANCE倶楽部  所属 (北海道小樽市)
2008年 ガラス工房森のくに 所属 (岩手県花巻市)
2015年 Seed Lampwork 設立 (岩手県北上市)

繊細で美しい「SL銀河 ガラスペン」

吸い込まれるような美しい青のペン軸はSL銀河の車体を染め上げている配色を表現しており、持ちやすさやインク保持など、筆記用具としての機能性にもこだわり「長く愛用できる特別な1本に」という平野氏の想いが込められています。心地良い重さとなめらかな書き味は「ガラスで文字を書く」という非日常感を演出してくれます。使用後はインクを水やぬるま湯で流し、水分を拭き取るだけでお手入れも簡単です。繊細で美しいガラスペンの魅力をぜひご体感ください。

商品概要

商品名 SL銀河 ガラスペン  (JR東日本商品化許諾済)
販売期間 2021年8月21日(土)より
※総制作数20本限定商品となります。各ホテルの在庫が無くなり次第、販売終了となります。
販売内容 ガラスペン1本(箱入り)*特典として木製ペンレスト付き
※インクは含まれておりませんので、お好きな色のつけペン用インクをご用意ください。
価格 11,000円(税込)
販売場所 ホテルメトロポリタン盛岡NEW WING 1階売店
ホテルフォルクローロ花巻東和  1階売店

宿泊プランのご案内

以下のホテルではSL銀河 ガラスペン付きの宿泊プランをご用意しております。

ホテルメトロポリタン盛岡NEW WING

各フロアのコーナーに位置するデラックスツインでお過ごしいただく、「SL銀河ガラスペン」付宿泊プランをご用意いたしました。
繊細で美しいガラスペンとともに優雅なひとときをお過ごしください。

ホテルフォルクローロ三陸釜石(JR釜石線釜石駅隣接)

「銀河鉄道の夜」をテーマにKEN OKUYAMA DESIGNがデザインプロデュースした「SL銀河ルーム」の限定プランをご用意いたしました。
宮沢賢治が生きた大正から昭和の世界観を表現した落ち着いた色調のお部屋で特別なひとときをお過ごしください。

Facebook Twitter Pinterest Line