鷲の尾 伝統製法を愉しむ 和食の夕べ~祝 Kura Master 2023 PARIS クラシック酛部門 金賞 鷲の尾“北窓三友”~

【料金】 お一人様 ¥12,000
【期間】 2024年3月15日(金)18:00開宴

2023年6月にフランス・パリで開催されたコンクール「Kura Master 2023」のクラシック酛部門で「鷲の尾 北窓三友」が金賞を受賞されました。この度の受章を記念し、北窓三友をはじめとしたクラシックな手法でつくられた日本酒とこの日限りのお料理のマリアージュをお愉しみください。

開 催 日 2024年3月15日(金)
開催時間 18:00開宴
料  金 お一人様 ¥12,000(料理、お飲み物、消費税、サービス料含)
備  考 ※料金にはサービス料、及び消費税が含まれております。
※メニュー内容は、仕入れ状況により変更になる場合がございます。
※写真はイメージです。
※満席になり次第、締め切りとさせていただきます。

株式会社わしの尾 8代目蔵元 工藤 朋氏

文政12年(1829年)より岩手山の麓、八幡平市大更で創業した「株式会社わしの尾」。岩手の銘酒「鷲の尾」は大鷲が住んでいた巌鷲山(岩手山)の山麓から湧水する清らかな水で醸造されていることから「わしの尾」と命名。また、早春の雪解けとともに山頂に大鷲が羽を広げたような残雪がくっきりと現れますが、この雪形から名づけられたとも伝えられています。


日本料理 対い鶴 料理長 今松 博幸

池袋のホテルメトロポリタン「日本料理 花むさし」や割烹料亭・鰻専門店などで研修を重ねながら、腕を磨き、2019年より「日本料理 対い鶴」料理長に就任。 『妥協をしない 』をモットーに、お客様の気持ち、ご利用されるシーンを考えた料理の提供を心掛けている。

日本酒リスト

わしの尾で造られた「北窓三友(山廃)」や「ドラゴンアイ(生酛)」、日本清酒発祥の地・奈良菩提山正暦寺で生まれた古の技“菩提酛” と現代技術の融合を味わえる「風の森」のほか、海外でも愛される逸品や今宵限りの限定酒などコンクールさながらワイングラスでご用意いたします。ひとつひとつの香りや味わいの広がりをお愉しみください。

~クラシック酛部門~審査対象となる伝統製法をお愉しみください。
■北窓三友(山廃) Kura Master2023~クラシック酛部門~金賞受賞
 生酛造り作業の一つ、米を摺りおろす工程の山卸を廃止したことで山廃(山卸廃止酛)の名がついたとされています。
 山廃仕込みによる乳酸の爽やかな酸味と芳醇な香り、深みのある味わいです。
■ドラゴンアイ(生酛)
 酵母無添加で造られた生酛。生酛造り特有のやさしい酸味とすっきりした味わいです。
■風の森(菩提酛/奈良県 油長酒造株式会社)
 クラシック酛部門の審査対象となる製法のひとつ「菩提酛」は、日本清酒発祥の地・奈良県菩提山正暦寺で確立されました。
 昔の酒母育成法の菩提酛が奈良県の蔵元で復元されています。古来の製法と現代技術の融合をこの機会にお愉しみください。

~お料理とともにお愉しみください~
■結の香(純米吟醸)
 岩手酒米「結の香」。山田錦のように吟醸系クラスを目指し開発され、華やかで洗練された味わいが特徴。過去にクラマスター受賞歴のある銘酒です。
■あさむらさき
 古代米「朝紫」で仕込み、華やかなピンク色の日本酒。海外でも愛され、あさむらさきの半分は海外へ輸出されています。
■にごり酒
 目の粗い布で濾すため、もろみの部分が残り米の旨味も感じられる。酵母が生き生きとしているため、炭酸のようなスッキリとした感じも楽しめます。

この他、この日限りの限定酒をご準備いたします。詳細については本ページで追って公開いたします。

御献立

【Kura Master(クラ マスター)とは】
2017年から開催されているフランスの地で行うフランス人のための日本酒コンクール。
審査員はフランス人を中心としたヨーロッパの方々で構成され、フランス国家が最高職人の資格を証明するMOF保有者をはじめ、一流ホテルのトップソムリエやバーマン、レストランやホテル・料理学校関係者など飲食業界のプロフェッショナルが名を連ねる。Kura Masterはフランスの歴史的食文化でもある≪食と飲み物の相性≫に重点をおいており、コンクールや試飲会、各種イベントを通して食と飲み物のマリアージュを体験する機会を創出している。
Facebook X Pinterest Line

レストラン&バーに関するお問い合わせ